読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STONE HENGE Suzuki's blog

ストーンヘンジ鈴木のブログです。

平凡と非凡

f:id:stonehenge1:20150331173849j:plain

 よく見るっちゃ見るよね、という平凡な富士山の写真。一番ありがちな撮影ポイント、新幹線の中から撮りました。

 

 でもこれ、この程度撮るのが意外と大変で驚きました。facebookによく見事な富士山の写真を新幹線の中からパチッと撮って投稿している友人がいるので、気軽な気持ちで私も撮ってみたのですが、どこかの工場が手前で目立ちすぎたり、野球場のネット越しみたいに柵が間にはいったり、全然うまい構図で撮れないのです。この写真も左手に工場の煙突がありますが、他のと比べれば上出来の一枚です!

  という訳で、非凡な富士山を撮った平凡な写真ですが、撮った人ならわかる「よりぬきの一枚」で、その意味では平凡でもないです。

 

 【見慣れている】というのが【平凡】の定義のひとつかもしれません。

 富士山が非凡なのは、日本でただ一つのサイズ感や、新幹線沿線でただ一つのインパクトある容姿によるものでしょう。新幹線沿線がずっとこんな山だったら、それはそれで壮観でしょうが、飽きます。(ふと思い出しましたが、桂林がそうかも。山水画のような特徴的な山々が延々と続き、観光船の最初は感動でしたが途中から見なくなりました。) 世界中どの山もみんなこんな見た目だったら、富士山の今の人気もなかったことでしょう。

 見慣れてしまうと、最初は(そして今も実は同じ)すごいものでも、あたりまえになってしまうものです。東京では今が満開のはその点「年一回たった一週間」が効いて非凡を保っているようです。

 

 【非凡】が【めったにない】ものなら、ストーンヘンジのネットショップも、結構非凡なものを置いています。私たちから見て非凡なものが、常にいらしてくださる方にも非凡に見えるように、露出頻度など何か工夫した方がいいのかもしれませんが、そんなことができる非凡な努力が不足していて、いまのところ平凡な顔(^^)していいものがいつもたたずんでいる状態です。

 気が向いたら遊びに来てください=> http://stonehenge.ocnk.net/

 ついでにこちらもよろしく。 => ストーンヘンジ | Facebook