STONE HENGE Suzuki's blog

ストーンヘンジ鈴木のブログです。

生まれ変わり

 リニューアル・オープンとかで「生まれ変わりました」と言うこともありますが、今日このタイトルを選んだのは文字通り人間が生まれ変わる話をしたかったからです。

 先日「かみさまとのやくそく」という映画を見てきました。産婦人科医の先生が、子供が自分の生まれる前の話をする例(無視するのは不自然なくらい多いらしいです)に触れ、さらにその先生の話を聞いたある映画監督さんがドキュメンタリーにしたものです。

 ある程度大きくなると忘れてしまうらしいですが、映画に出てきた子供たちの話はとってもおもしろかったです。

 たとえば、前世で家族の迷惑顧みず自分だけピカピカ、親兄弟はボロボロ(みたいな表現だったと思います)の状態を作り出していたという少女は、死んだときに実のおかあさんでさえそんなに悲しんでくれず残念な思いをし、それから「反省部屋」という暗いところにずっといて反省していたと。生まれてからも年に2回くらい反省部屋の夢を見ると。今回の人生では「おみやげ」をもってきたので、それを前回迷惑をかけた人に渡して借りを返す(ちょっと違う表現だったかもしれませんが、「おみやげ」という言葉とその目的は彼女の言ったまま)つもりだと。これが片付けば今度は自分の人生が心おきなく生きられると。

 映画で見た内容そのまま引用で恐縮ですが、なんだか人に教えたくなる内容の映画でした。ネタバレになるのであまり書いてもいけないでしょうが。

 ところでタイトルの「かみさまとのやくそく」は、この映画のきっかけを作った池川先生というお医者様がこどもたちに『なんのために生まれてきたの?』と聞くと、ほとんどのこどもが『人の役に立つため』と答えるそうで、「どうも私たちは人の役に立つために生まれてきたらしいですよ。」と話す場面があり、そこからついたようです。
♪♪♪
みなさぁ〜ん、お願いしまぁ〜す☆、(^o^)/遊びに来てくださぁ〜い♪==>http://stonehenge.ocnk.net/ 
ストーンヘンジ・ジュエリー☆水晶ジュエリー