読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STONE HENGE Suzuki's blog

ストーンヘンジ鈴木のブログです。

雪は夢のエネルギー

今年の雪の降り方はすさまじいですね。

雪国では除雪(邪魔な雪を集めてどこかに捨てにいくそうです)の費用だけで数千億円とか。やっかいもの扱いというか、まさにやっかいものですね。
ところが、豪雪地帯では、雪を使って生活にいろいろ役立てているケースがあるそうです。

「氷室(ヒムロ)」とも呼ばれる有史以前からあった方法で、
冬の間に積もった雪を固めて涼しいところに置き、ワラなどでおおっておくと、夏まで溶けず、ノコギリで切り出して冷蔵保存等に使っていたものです。
江戸時代には船で運ばれ、料理屋さんの冷蔵庫代わりにも。(今も寿司屋のカウンターで見られる所もありますね。)
現在は、技術の進歩によって、ワラよりも効率の良い素材を使い、氷の塊をエネルギー源に、いろいろな面で非常に効果を上げているそうです。

たとえば、北海道の千歳空港は年間の冷房の4分の1を雪を使ってまかなっているのだとか。エネルギー源は、表に積み上げた雪を、簡単に言えば分厚い発泡スチロールでおおっておくだけ。
この方法で作られる冷房の風がまた実に心地よくて、そよ風のようで、長時間あたっていても疲れないんだと。

さらに、その冷房用のエネルギー源のまわりに野菜やお酒などの食品を保存しておくと、冷蔵庫より品質の良いまま、おいしいまま、長く保存できてしまうそうです。

そして、日本の降雪量の0.2%(2%ではないですよ!)をこのように活用することができれば、100万キロワットの電力発電所15基分になるのだとか。
2%活用したら、発電所150基分てことですね?
雪ってすご〜い。やっかいものどころか、偉大です〜!!
(この雪の活用についてのお話の出どころは、THE BIG ISSUE(「ビッグイシュー日本版」)の2014.02.01号です。)

東京のドカ雪は、数十年に一度かもしれないので、あてにできないですが、
ゴミの量ならおそらくどこにも負けません!
誰か、ゴミの有効活用を研究してくださらないでしょうかね〜!!




☆(^o^)/遊びに来てください♪=> http://stonehenge.ocnk.net/ ☜クリックm(_ _)m
ストーンヘンジ・ジュエリー☆水晶ジュエリー