読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STONE HENGE Suzuki's blog

ストーンヘンジ鈴木のブログです。

きなくさい。。。

きなくさい、なんていう言葉、ほとんど使ったことがなかったですが、最近は使いたくなります。こげくさい、という意味から、何かあやしいとか、戦争の気配がする、とかいう時に使われます。

もし民主主義が機能しているなら、多数決で賛成の多い方に動くはずなので、原発を動かす以外に手がないと思う人、海外でも武器が使えるようにした方が日本にとって安全だと思う人、そちらの意見の方が多いならそちらに向かう訳ですが、本当に多いのでしょうかね。一人一人聞いて確認してみたいけど、選挙権は地域によって何倍も重さが違うし、選挙に行かない人もいるし、どうやったらわかるんでしょうね。

第二次世界大戦前の日本でも、戦争よりは平和を願って行動を起こしていた人たちはいたようで、たとえば、中国と日本は草の根でも仲良くするべし、と考えて、中国の知人の子供たちをホームステイさせて日本の学校(黒柳徹子さんと同じ自由学園)に通わせていた方もいたようです。そこのお宅には2.26事件の時に首相がかくまわれたそうですから、いかに日本の中枢にいた人物のご家庭だったかがうかがわれます。これは戦前に日本に留学し、戦後日本に来て皇族の方々にも中華料理を教えたり、アメリカや日本で中華料理の大ベストセラー本を出版した馬遅 伯昌という在日中国人の方の「十年樹木、百年樹人/日中の歴史を生き抜いて九〇年」(講談社2007年出版)から知りました。ホームステイ先の日本家庭は佐々木久二氏宅だったそうです。

西部戦線異状なし」という有名な戦争(反対)文学の中で、どういうときに戦争が起きるか、という質問に「ある国が別の国を耐えがたく侮辱したとき」と答える登場人物がでてきます。歴史から学んだ作者の見解でしょう。悪口言ったり殴り返しても得はありません。どうせなら応援しあいましょう。

 

十年樹木、百年樹人/日中の歴史を生き抜いて九〇年

十年樹木、百年樹人/日中の歴史を生き抜いて九〇年

 

 

 

銀座の「画廊の夜会」

銀座は画廊が多いです。バブル後は数が減ったそうですが、それでもまだ「多い」と感じられるくらい銀座では画廊が存在感を放っています。

その画廊が連携して開催した「画廊の夜会」という催しに先週初めて行ってきました。

どういう催しかと言うと、普段は閉まっている夜の時間帯に(9時頃まで)画廊を開けておき、ワインやお茶やおつまみやお菓子で誰でももてなしてくれて、自由に作品を見学させてくれるのです。

参加画廊の目印は、大きな白い提灯。これが下がっていれば、いつもはちょっと敷居が高い画廊でも、一見さんもあたたかく迎え入れてくださるという合図で、安心してはいれます。

私は知らなかったのですが、毎年6月の第一週あたりにやっていて、今回で10回目らしいです。そして今年初めて一夜でなく二夜連続でやったそうです。あいにくの土砂降りでしたが、おしゃれな雨靴などはいてがんばって見に来ている方もたくさんいらっしゃいました。

作品のレベルが高くて、土砂降りにもめげず何軒かハシゴしてかなりおもしろかったのですが、認知度はいまいちのイベントですよね。どこを中心に告知しているのか知りませんが、もう少し盛り上がりを見せれば、勤め帰りに気軽に楽しめる初夏の名物イベントになるかもしれませんね。
(ちなみに私は会社が今年引っ越してランチのテリトリーが変わったおかげで、最近初めて入った蕎麦屋のレジに置いてある案内状で知りました。)

♪♪♪

みなさぁ〜ん、お願いしまぁ〜す☆、
(^o^)/遊びに来てくださぁ〜い♪==>http://stonehenge.ocnk.net/ 

ストーンヘンジ・ジュエリー☆水晶ジュエリー

生まれ変わり

 リニューアル・オープンとかで「生まれ変わりました」と言うこともありますが、今日このタイトルを選んだのは文字通り人間が生まれ変わる話をしたかったからです。

 先日「かみさまとのやくそく」という映画を見てきました。産婦人科医の先生が、子供が自分の生まれる前の話をする例(無視するのは不自然なくらい多いらしいです)に触れ、さらにその先生の話を聞いたある映画監督さんがドキュメンタリーにしたものです。

 ある程度大きくなると忘れてしまうらしいですが、映画に出てきた子供たちの話はとってもおもしろかったです。

 たとえば、前世で家族の迷惑顧みず自分だけピカピカ、親兄弟はボロボロ(みたいな表現だったと思います)の状態を作り出していたという少女は、死んだときに実のおかあさんでさえそんなに悲しんでくれず残念な思いをし、それから「反省部屋」という暗いところにずっといて反省していたと。生まれてからも年に2回くらい反省部屋の夢を見ると。今回の人生では「おみやげ」をもってきたので、それを前回迷惑をかけた人に渡して借りを返す(ちょっと違う表現だったかもしれませんが、「おみやげ」という言葉とその目的は彼女の言ったまま)つもりだと。これが片付けば今度は自分の人生が心おきなく生きられると。

 映画で見た内容そのまま引用で恐縮ですが、なんだか人に教えたくなる内容の映画でした。ネタバレになるのであまり書いてもいけないでしょうが。

 ところでタイトルの「かみさまとのやくそく」は、この映画のきっかけを作った池川先生というお医者様がこどもたちに『なんのために生まれてきたの?』と聞くと、ほとんどのこどもが『人の役に立つため』と答えるそうで、「どうも私たちは人の役に立つために生まれてきたらしいですよ。」と話す場面があり、そこからついたようです。
♪♪♪
みなさぁ〜ん、お願いしまぁ〜す☆、(^o^)/遊びに来てくださぁ〜い♪==>http://stonehenge.ocnk.net/ 
ストーンヘンジ・ジュエリー☆水晶ジュエリー

 

まどみちおさん

まどみちおさんが亡くなった。

お亡くなりになったというニュースが今までなかったので、生きていらっしゃるとは思っていましたが、日野原さんより2歳年上の104歳でいらしたのですね。

まどみちお全詩集」、「The Animals」、持ってます。

ファンなので、奮発して買いました。

読み返して、また感動。

 

まど・みちお全詩集

まど・みちお全詩集

 

 

 

どうぶつたち

どうぶつたち

 

 

雪は夢のエネルギー

今年の雪の降り方はすさまじいですね。

雪国では除雪(邪魔な雪を集めてどこかに捨てにいくそうです)の費用だけで数千億円とか。やっかいもの扱いというか、まさにやっかいものですね。
ところが、豪雪地帯では、雪を使って生活にいろいろ役立てているケースがあるそうです。

「氷室(ヒムロ)」とも呼ばれる有史以前からあった方法で、
冬の間に積もった雪を固めて涼しいところに置き、ワラなどでおおっておくと、夏まで溶けず、ノコギリで切り出して冷蔵保存等に使っていたものです。
江戸時代には船で運ばれ、料理屋さんの冷蔵庫代わりにも。(今も寿司屋のカウンターで見られる所もありますね。)
現在は、技術の進歩によって、ワラよりも効率の良い素材を使い、氷の塊をエネルギー源に、いろいろな面で非常に効果を上げているそうです。

たとえば、北海道の千歳空港は年間の冷房の4分の1を雪を使ってまかなっているのだとか。エネルギー源は、表に積み上げた雪を、簡単に言えば分厚い発泡スチロールでおおっておくだけ。
この方法で作られる冷房の風がまた実に心地よくて、そよ風のようで、長時間あたっていても疲れないんだと。

さらに、その冷房用のエネルギー源のまわりに野菜やお酒などの食品を保存しておくと、冷蔵庫より品質の良いまま、おいしいまま、長く保存できてしまうそうです。

そして、日本の降雪量の0.2%(2%ではないですよ!)をこのように活用することができれば、100万キロワットの電力発電所15基分になるのだとか。
2%活用したら、発電所150基分てことですね?
雪ってすご〜い。やっかいものどころか、偉大です〜!!
(この雪の活用についてのお話の出どころは、THE BIG ISSUE(「ビッグイシュー日本版」)の2014.02.01号です。)

東京のドカ雪は、数十年に一度かもしれないので、あてにできないですが、
ゴミの量ならおそらくどこにも負けません!
誰か、ゴミの有効活用を研究してくださらないでしょうかね〜!!




☆(^o^)/遊びに来てください♪=> http://stonehenge.ocnk.net/ ☜クリックm(_ _)m
ストーンヘンジ・ジュエリー☆水晶ジュエリー


交詢社ビルが教えてくれたこと

方向音痴(圧倒的に女の人が多い気がします)の人は、性格がよかろうが熱意があろうが仕事ができようが関係なく、救いがたく方向音痴だ、というのが私の経験からくる持論です。個人的にすさまじいレベルの人を何人か知っているので、「私はそうでもないかも」と思っていたのですが、今日、私もしっかり相当な方向音痴だということを認識してしまいました。

会社からず〜っと左に行って角を曲がって道を渡ったところにお昼をたまに買いに行くお店がありまして、今日そこへご婦人が飛び込んできて「交詢社ビルはどこですか?」と聞きました。店内にいた他の人はお店の方も含めてご存じないようだったので、私がお教えしました。が、・・・よく考えてみると、逆方向ではなかったけれど、その説明では間違い、ということにあとで気が付きました。交詢社ビルはとてもわかりやすい角に立っているにもかかわらず!

原因を考えるに、いつも使い慣れている頭の中の地図は常に会社を中心点としていて、数メートル移動しただけで現実と地図がずれ、混乱を起こすような・・・。そして、一回角を曲がると、90度という大きな変化に、さらに方向感覚が狂うような・・・。

近頃はパソコンや携帯電話の発達で、サイバー空間(仮想空間)がだいぶ身近なものになりました。処理に間違いがあった場合は、うまくいくようなプログラミングに変えてやればいい、ということが常識となりました。私の頭の中の地図の使い方も、アップデートが必要なようです。

それでは、救いがたい方向音痴を救えるか、という課題に取り組んでみます。
まず、自分が動いても混乱が起きない、鳥瞰図タイプの地図を頭にダウンロードします。そして、自分がその地図の中でどこにいるかを常に意識するようにします。あたりまえのようですが、私の頭の中はこのような地図や機能ではなかった、ということに今日気が付きました。
普段これをやっていれば、知らない場所に行って地図を見るときも狂いや誤解が減るといいですが・・・
♪♪♪



みなさぁ〜ん、お願いしまぁ〜す☆、(^o^)/遊びに来てくださぁ〜い♪==> http://stonehenge.ocnk.net/ 
ストーンヘンジ・ジュエリー☆水晶ジュエリー


問題ない道よりトンネル修復!!

通勤路にレンガ風の敷石をおしゃれに埋め込んでいる歩道があります。
でもしょっちゅう掘り返し工事(ガス管とか水道管関係とか?)があり、結構ツギハギ状態になっています。
そうすると、またそのツギハギを直してレンガ風の敷石をはめ込む工事というのがあり、掘り返しとなります。
税金の使い方としては、効果も効率もあまりよくないと思うのですが・・・。
しかも歩きやすさでは平らなアスファルトの方が上で、敷石歩道はヒールだとひっかかったり斜めになったりして歩きにくいです。
今、工事に税金を使えるなら、全国のトンネルや高架が崩壊する前に手を入れてほしい。。。
♪♪♪



みなさぁ〜ん、お願いしまぁ〜す☆、(^o^)/遊びに来てくださぁ〜い♪==> http://stonehenge.ocnk.net/ 
ストーンヘンジ・ジュエリー☆水晶ジュエリー